Skip Navigation
Carbon2Chem®

Carbon2Chem®の水電解

統合された鉄鋼プラントのプロセスは、二酸化炭素だけでなく、窒素、一酸化炭素、および小さな炭化水素を大量に発生させます。これらのガスを処理するためには従来それらを燃焼させその熱および電気を製鋼プロセスに使用します。しかしこれは二酸化炭素を生成をさらに促すものです。

化学生成物を原材料に

炉頂ガスの組織は通常の化学合成ガスの組成に似ているので、単に電気と熱を発生させるのではなく、アンモニア、尿素、メタノールなどの基本化学物質と肥料を生産するアイディアは非常にシンプルでわかりやすい考えです。

二酸化炭素を含まない水素追加の必要性

統合された製鋼工場のコークス炉では十分な水素が生産されないという理由から、温室効果ガスの排出量を大幅に削減するために二酸化炭素を含まない方法で追加的に水素を生成する必要があります。ここで、ティッセンクルップの先進的なアルカリ水電解プロセスは、そのような下流のプラントの運転を成功させるための重要なキーとなります。

ティッセンクルップ・ウーデ・クロリンエンジニアズの水電解はCarbon2Chem®の一部を構成

ティッセンクルッププロジェクトCarbon2Chem®のもとでティッセンクルップ・ウーデ・クロリンエンジニアズは技術と既存の製鋼工場に再生可能エネルギーの統合を証明すべく2 MW電解設備を導入します。

  • 製鋼工場のガスを原材料に転換
  • 廃ガスに価値を付加
  • カーボンフリーで追加水素を作り出す水電解
  • 2 MW 電解槽の導入
トップへ