Skip Navigation

ティッセンクルップ・ウーデ・クロリンエンジニアズが、フィルタープレス技術を世界中にあるSolvayの拠点に提供

ベルギーに本拠を置く欧州最大の塩素アルカリメーカーであるSolvayは、2014年にドイツ、ラインバーグにある工場で、BiTACファミリーの最初の製品である年間生産能力97,000トン(NaOH-100%)のBiTAC®の採用を決定し、世界中の5つの異なる拠点でティッセンクルップ・ウーデ・クロリンエンジニアズのフィルター技術を導入しました。

ドイツでのBiTACの導入後、Solvayはイタリアの2拠点、ベルギー拠点、タイ拠点にBiTACを導入しました。

Solvayは初期投資だけでなく、長期的な運用コストという面から最も経済的な技術を追求し続けている企業です。Solvay社の選択はBiTACの優れた実力を立証するものです。

Solvayの全工場でのBiTACファミリーの総生産能力は600,000トン/年(NaOH-100%)であり、Solvayは、BiTAC®、n- BiTACとnx-BiTAC、さらには改造されたBiTAC®とBiTACファミリー全世代を実践で活用した企業となりました。

注: SolvayのPVC事業からの撤退により、Inovynに移行したプラントもあります。

トップへ