Skip Navigation
スキッドマウント式塩素プラント

Produquimica S.A. (ブラジル)のスキッドマウント式塩素プラント

ブラジルのProduquimicaが塩素工場の拡張を計画していたとき、迅速なプラント立ち上げが重要課題として明らかになりました。その上、プラント建設のために経験のある人材が限られているという理由から現場での作業を削減することも最重要課題となりました。

「ティッセンクルップ・ウーデ・クロリンエンジニアズを選んだ理由は食塩電解プラント設計やエンジニアリングにおけるその実績です。」とProduquimicaはコメントしています。「Produquimicaの迅速な立ち上げは非常に重要な課題であり、スキッドマウント式プラントは完璧な選択肢でした。」

スキッドマウント式プラントは、毎日45トンの塩素生産能力を有し、岩塩使用のための塩水ろ過/精製が完備されています。すべてのスキッドは、機器、配管、計測器、電気配線を含め事前に組み立てられ、認可を受けたワークショップで事前にテストされています。

「現地での作業がプロジェクトのネックとなっている場合、弊社のスキッドマウント式塩素工場は理想的なオプションといえます」とティッセンクルップ・ウーデ・クロリンエンジニアズ(イタリア)の技術責任者マッシモ・ボルゲーシ氏はコメントしています。現場ですべて建設すると問題が多く高価である為、弊社はスキッドマウント式塩素プラントの設計の経験を活かし高品質のプラントを提供しました。

全てのスキッドは標準サイズのコンテナで納品され、国内外の運輸も潤滑に行うことができます。
トップへ