Skip Navigation

東欧最大のMDI/TDIメーカーであるBorsodChemがティッセンクルップ・ウーデ・クロリンエンジニアズのBiTAC フィルタープレス技術を採用

東欧最大のMDI/TDIメーカーであるBorsodChemが2006年に年間100,000トン(NaOH-100%)を可能にするBiTAC®からスタートし、そのプラントの3段階以上にティッセンクルップ・ウーデ・クロリンエンジニアズのBiTAC フィルタープレス技術BiTACを採用することになりました。

以来、BorsodChemは、BiTAC®、n-BiTAC、nx-BiTACの電解槽3世代すべてを使用してプラント拡張に成功しました。

Phase モデル 槽数 スタートアップ 生産能力
(NaOH-100%)
1期 BiTAC861 8 2006年5月 年間100,000 MT
2期 n-BiTAC861 4 2006年10月 年間50,000 MT
3期 n-BiTAC861 4 2013年9月 年間50,000 MT
リプレイスメント nx-BiTAC861 8 2015年10月 年間100,000 MT

備考: 1期で納入した全てのBiTAC電解槽は2015年に最新技術を駆使したnx-BiTACで更新されました。

現在プラント生産能力は年間20万トン(NaOH-100%)に達し、ヨーロッパで最大のBiTACプラントの1つになりました。

優れた安定性と信頼性の高いBiTAC技術を採用したBorsodChemは10年以上トラブルのないプラント運営を行っています。

トップへ