Skip Navigation
東ソー

東ソー株式会社南陽事業所におけるBiTAC電解槽の実績

ティッセンクルップ・ウーデ・クロリンエンジニアズと東ソー株式会社は1990年以来複極式イオン交換膜法プロセス電解槽 - BiTACの共同開発を進めてきました。東ソー株式会社の南陽事業所は、「BiTAC®」、「n-BiTAC」、「nx-BiTAC」とBiTACファミリー全世代を採用してきた苛性ソーダ年間生産能力110万トン以上を誇る国内最大の電解プラントです。

共同開発により大幅なパフォーマンスの向上がもたらされました。

BiTAC®からn-BiTACへの移行でもたらされた向上

1. 液内および構造上での抵抗の低減

  • ゼロギャップシステムの改善(陰極スプリングと陰極微細メッシュの採用)
  • 陽極導体リブを増加(BiTAC®に比べ1.5倍の増量)

2. 高密度電流での安定した稼動

  • 電解液の濃度と分布の均一性を改善するコーナープレートの採用
  • 気体と液体の分離による圧力変動を低減するためにトップチャンバー構造を再設計

これらの改良を通してn-BiTACはBiTAC®に比べ電圧の大幅な向上(△ 150mV)を実現し、イオン交換膜の機械的破損率の低減に成功しました。これらのメリットが明らかになり、東ソー株式会社の南陽事業所は2007年にn-BiTACの商業運転を開始しました。

東ソーが8kA / m2未満の電流密度でn-BiTACを4年以上作動させた後、電解槽を解体して電解槽を検査した結果、膜の穴、水疱およびしわの量が最小限に抑えられ、エレメントシール材の製品寿命が80%以上向上していることが報告され、長期間の稼動が可能であることが証明されました。

東ソーは現在、膜交換なしで8kA / m2で6年以上n-BiTAC電解槽を連続運転しており、2014年以来、陽極および陰極機構の改造による配電の均一性の向上、およびトップチャンバーの設計変更による圧力変動の低減が実現されているnx-BiTAC(BiTACファミリの第3世代)を採用しています。

トップへ