Skip Navigation

ベルギーTessenderloでの水銀法変換プロジェクト

ティッセンクルップ・ウーデ・クロリンエンジニアズは過去約20年間旧式の水銀法電解ベースの設備から最新のイオン交換膜法電解プラントへの移行のお手伝いをしています。

ティッセンクルップ・ウーデ・クロリンエンジニアズはその主要プロジェクトの1つとして、旧式の水銀法電解技術から最先端の食塩電解イオン交換膜法プラントの変換のお手伝いをしています。2006年にベルギーのTessenderloにあるTessenderlo Chemie(現Vynova)がティッセンクルップ・ウーデ・クロリンエンジニアズとターンキープラントの契約を締結しました。

毎年27万トンの塩素と30万トンの苛性ソーダを生産するこのプラントは順調に運営されています。水銀法電解プラントの転換は、環境に優しい塩素と苛性ソーダの生産を実現するための重要なステップです。有毒な水銀をこれらの重要な基礎化学物質の製造に使用することなく、電力消費を低減し、結果として二酸化炭素の排出を大幅に低減することができます。

10年後、最初のプロジェクトの成功を見据えたVynovaは、2016年にティッセンクルップ・ウーデ・クロリンエンジニアズと第2期プロジェクトの契約を締結しました。本契約は、同じ現場に既存の水銀法KoH電解プラントを変換するものです。その年間生産能力塩素100,000トン、水酸化カリウム溶液150,000トンのこの新しい施設は、ティッセンクルップ・ウーデ・クロリンエンジニアズによりターンキー工場として設計、供給、建設、スタートアップが行われました。

お客様との長期にわたる密接な協力関係と絶え間ない技術開発が成功を再び可能にするキーとなりました。

トップへ