Skip Navigation

HCl ODC Yantai Juli

2009年、中国のポリウレタンメーカーであるYantai Juli Isocyanate Co., Ltd.が塩酸電解プラントを建設するためのエンジニアリングおよび調達契約をティッセンクルップ・ウーデ・クロリンエンジニアズが受注しました。

青島から約100km北に位置する中国山東省、莱陽(Laiyang)に塩酸年間生産能力10万トンのプラントが建設されました。2011年の契約締結以来、プラントは計画通り順調に稼動しています。

ティッセンクルップ・ウーデ・クロリンエンジニアズはライセンス業務、エンジニアリングが必要となる主要コンポーネントのパッケージ、電解槽の供給、プラントの建設およびスタートアップといった広範囲に渡る業務委託を受けました。

新しいイオン交換膜法電解プラントは、Yantai Juliのイソシアネート製造ラインから得られた副産物である塩酸を変換するために使用されます。塩酸は、酸素還元カソード(ODC)技術によって高純度の塩素に変換されますODCの原理は、セルの陰極側で水素イオンと反応する酸素をその基盤としています。この陰極反応は、従来の隔膜電解で必要とされるよりもはるかに低いセル電圧で行われ、最大25%のエネルギーの節約が可能になります。陽極反応はそのままです。
ODCベースのイオン交換膜法電解は、稼動範囲の拡大と最大限のプロセス柔軟性を提供し、結果的に現場での条件を向上してくれるキーとなるものです。

電気分解を用いた塩酸の再利用は注目されており、プラントの効率を改善し、環境保護要請を満たし、イソシアネート事業をビニル製造チェーンから独立させることに大きく貢献しています。この革新的な技術は、ティッセンクルップ・ウーデ・クロリンエンジニアズにより開発され、世界中で販売されています。

トップへ