Skip Navigation
BM 2.7 ゼロギャップ市場導入

BM 2.7ゼロギャップ市場導入

2011年11月にシンガポールの塩素アルカリプラントであるChemical Industries Far East Ltd.に設置されたゼロギャップ構成電解槽Uhde BM 2.7の最初の工業設備における試運転が発表されました。

シンガポールでは経済的な理由だけでなく、発電に起因する環境フットプリントを削減するためにエネルギー効率というテーマは大変重要視されています。

ティッセンクルップ・ウーデ・クロリンエンジニアズ(イタリア)の販売責任者、ジゼッペ・コルティはこのようにコメントしています。

「Uhde BM v6電解槽は、Uhdeのシングルエレメント技術の最先端を行く製品です。膜全面がゼロギャップ構造のため、各シングルセルのシール力を弾性エレメントの圧縮から分離できるという珍しい特性があり、これにより膜に最適な動作条件を提供し、結果として省エネルギーを実現することができるのです。」

CIFELシンガポール
CIFELシンガポール

電解装置は年間塩素35,700トンの生産能力を誇り、既存の古い装置に取って代わり、化学産業が塩素製造サイクルに求めている高いエネルギー効率基準というゴールに実質的に貢献をすることができます。

トップへ