日本の水電解プラント

日本の水電解プラント

風力発電所のパイロットプラント

風力タービンでの発電は天候に大きく影響します。

エネルギーおよびネットワーク事業者は、強風時に余剰電力を貯蔵しておいて、弱風時にこれを供給することができるようなるなど、将来ネットワークのエネルギー収支を保つことができる貯蔵装置を必要とします。

このプロジェクトでは、電解によって水を水素と酸素に分解するパフォーマンスの高い改良型電解槽ユニットを利用し、余剰電力を変換する能力と柔軟性を実証することを目標としています。ここで製造された水素は、水素ステーションまたは(水素燃料内燃機関または燃料電池を介して)電気に変換され、ピーク需要時間中に送電網に供給するために貯蔵することができます。

エネルギー貯蔵ソリューション

BH-300電解槽

パイロット電解槽の特徴

  • 電解槽のタイプ:BH-310
  • 場所:日本