Skip Navigation
水電解

ガス・パワー

今日、電力の世界は石炭、石油、ガス、原子力発電から太陽光や風力エネルギーに移行しています。単なる電力としてだけでなく輸送、加熱、化学工業のために必要となる膨大な電力をセクターをまたがり見つけていく必要性が強くなっています。

水素に焦点

いわゆるXパワーへの技術(Xは水素やメタンなどのガス、アンモニアやメタノール、ガソリンなどの化学物質)のほとんどでは、その後の二酸化炭素または窒素の変換に必要とされる水素を得るために水電解プラントが必要となります。ティッセンクルップでは、将来のエネルギーシステムの中心にあるこの技術に常に取り組んでいます。

Carbon2Chem ®

ティッセンクルップは現在、再生可能エネルギーのセクターを超えた発電の一環として、独自の大規模プロジェクトを開始しています。2018年から、ドイツのデュースブルクにあるティッセンクルップスチールヨーロッパで、ティッセンクルップ・ウーデ・クロリンエンジニアズの水電解槽からの水素を製鋼工場炉頂ガスと組み合わせて肥料と燃料を生産する計画が進められています。

  • Xパワーの心臓は水電解
  • ガス、肥料、燃料を含む広範囲のアプリケーション
  • ティッセンクルップのプロセスならではの完全ソリューション
トップへ