Skip Navigation
水電解

水素エネルギー

発電と二酸化炭素排出は古くから常に切り離せない関係性にありました。電力生産が太陽光や風力エネルギーにシフトするに従い、「需要に応じた発電」ではなく、「変動する資源に基づいた発電」へとコンセプト自体が変わってきています。このコンセプトにおいては「電力貯蔵」が必要不可欠です。

マイナスのエネルギー収支

水電解は電力供給だけでなく、より広範囲に渡る製品を提供できるという理由から、電力網のためのエネルギー収支マイナスへの直接なつながり、そして再生可能な発電への直接的なつながりを考える上で重要なものとなります。パワーツーガス、パワーツーフュール、パワーツーヒート、そしてパワーツーケムなどのオプションはこの技術を使うことにより可能になります。水素を燃料とする自動車、バス、トラックなど水素を直接使用する交通の革命が期待されています。

  • 電気への付加価値
  • 柔軟で継続的な水素生成
  • さまざまなアプリケーションでのエネルギー貯蔵またはエネルギー輸送体としての利用
トップへ