Skip Navigation
水電解

二酸化炭素を排出しない製鋼

製鋼所は二酸化炭素だけでなく、窒素、一酸化炭素、炭化水素を大量に生成します。これらのガスを処理するためには従来それらを燃焼させその熱や電気を製鋼プロセスに使用します。しかしこれは二酸化炭素を生成をさらに促すものです。

化学原材料としての可能性

炉頂ガスの生成は通常の合成ガスの生成に類似するため、単に電気と熱を利用するのではなく、アンモニア、尿素、メタノールなどの基本化学物質と肥料を生産するというのは合理的考え方です。統合された製鋼工場のコークス炉では十分な水素が生産されないので、温室効果ガスの排出量を大幅に削減するためには二酸化炭素を含まない方法で追加的に水素を生成する必要があります。ここで、ティッセンクルップの先進的なアルカリ水電解プロセスがそのような下流のプラントの運転を成功に導く重要な鍵となります。

  • 製鋼工場からの排出ガスを製品原材にするというコンセプト
  • 排ガスに付加価値を付ける
  • カーボンフリーの追加水素を作り出す水電解
トップへ