Skip Navigation
水電解

産業、エネルギー分野、水素自動車のための水素エネルギー技術

水電解プロセスは、ガラス製造、有機水素化、発電機冷却などのような小規模産業向けの設備を中心に、世界中で数十年にわたって使用されています。化学肥料の製造においては、電力が安価で水素の他の供給源はなかった場合のオプションとして常に考えられてきました。

将来的には、セクター間のアプローチによって再生可能エネルギー源を統合することに焦点が当たり、水素は非常に重要な役割を果たすため、水素技術の改良能力が求められます。

水素エネルギーの飛躍

現在水電解に関しては、アルカリ水電解と固体高分子型水電解(PEM水電解)という2つの方法しか存在しません。前者は確実な初期投資手段(低CAPEX)と考えられる一方、後者は柔軟性の高い低運転維持費用(低OPEX)と考えられています。これらの技術はいずれも将来の需要に応じられるものではないという理由から、両者の利点のみを組み合わせた弊社独自の技術が開発されました。

弊社は余剰電力を利用した水素生成装置、特定エリア内の酸素発生装置を用いた純水電解による酸素供給装置を提供しています。ゼロギャップ構造と高性能膜を用いて高純度の水素と酸素を生成することができます。

  • 低CAPEX
  • 低OPEX
  • 高い柔軟性
  • 堅実な技術
  • 純度の高いガス
トップへ