水電解

水素エネルギー

水素への注目

いわゆるPower to Xは (Xは、水素やメタンなどのガス、アンモニア、ガソリンなどの様々なものを意味します)、その後の二酸化炭素または窒素の変換に必要な水素を製造するための水電解プラントを設置する必要があります。ティッセンクルップでは、将来のエネルギーシステムの根幹となるこの水素技術開発に精力的に取り組んでいます。

Carbon2Chem ® プロジェクト

ティッセンクルップでは、2018年よりCarbon2Chem®プロジェクトと称した再生可能エネルギー事業の一環である大規模プロジェクトを推進しています。現在ドイツ、デュイスブルグで、当社の水電解槽から製造した水素を、製鉄所からでる廃ガスと組み合わせて肥料と燃料を生産する計画を進めています。

  • Xパワーの根幹を担う水電解技術
  • ガス、肥料、燃料を含む広範囲のアプリケーション
  • ティッセンクルップが可能にするプラント建設におけるトータルソリューション