水電解

製鋼所の二酸化炭素排出量削減への取り組み

アルカリ水電解技術で排ガスを化学原材料へ

製鉄所は二酸化炭素だけでなく、窒素、一酸化炭素、炭化水素を大量に排出しています。従来これらの排出ガスを燃焼処理することで出る熱や電気を製鉄所内で再利用していますが、これが更なる二酸化炭素排出の原因となっています。

そこで排出ガスを単に電気と熱として利用するのではなく、アンモニア、尿素、メタノールなどの肥料系の基本化学物質の原料として利用することが、最も合理的です。例えば、十分な水素が生成されない製鉄所のコークス炉においては、二酸化炭素を排出しない方法で水素を追加生成する必要があります。ここで、当社の先進的なアルカリ水電解技術が、これらの下流プラントの運転だけでなく、温室効果ガスの大幅な排出削減に寄与しています。

  • 製鋼工場からの排出ガスを製品原材にするというコンセプト
  • 排ガスに付加価値を付ける
  • カーボンフリーの水素を製造する水電解技術