Skip Navigation

未来の水素社会を支える

ティッセンクルップのアルカリ水電解技術

水素は貯蔵や運搬、化学品の原料として最適

Green hydrogen

水素は、クリーンエネルギーの運搬及び一時的な貯蔵に適していると同時に、燃料や電気としての利用が可能です。さらに、メタノールやメタンなどを生成することにより、増え続ける二酸化炭素の排出削減や再利用が可能となり、水素は様々な面で重要な役割を担っています。ティッセンクルップでは産業規模の水素製造を可能にする、水電解技術を開発しています。

水素の主な用途

  • 化学品の製造 (アンモニア、メタノール、合成ガスなど)
  • 電気
  • 自動車などの燃料

より高性能の電解水素製造技術

水電解水素製造技術には、一般に、アルカリ水電解法、固体高分子膜形、固体酸化物形などの技術が開発されています。アルカリ水電解は長い歴史を持つ既に確立された技術であり、投資コストも低く抑えられ、大容量での設置が可能です。後者は変動運転時における許容範囲が広く、小型且つ低運転コストであることが特徴です。ティッセンクルップではこれらの良い部分を融合し、より優れた独自のアルカリ水電解技術を開発・提供しています。

ティッセンクルップでは、余剰電力を利用した電解水素製造のみならず、孤立集落等での生活に欠くことのできない電力の安定供給を、電気を長時間貯蔵可能な水素に変換する事で提供することができます。電解槽には、溶液抵抗を小さくし、電力消費効率を向上させるためのゼロギャップ構造とや高性能隔膜を使用するなど、最新の電解技術も取り入れており、高純度の水素と酸素を高効率で製造します。

  • 低投資コストと低運転コストの両立
  • 広い変動運転許容範囲
  • 実証済の技術による高い信頼性
  • 高い製品ガス純度
  • モジュール構造による現地据え付け工事の簡略化

ティッセンクルップによるトータルソリューション

Hydrogen value chains

水電解は、ガラス製造、有機物の水素化、発電機冷却などの小規模産業向けの設備を中心に、世界中で数十年間利用されているプロセスです。特に、肥料の製造においては、原料となる水素の供給源がなく、電気料金が安価な場合においては、多く使用されてきました。

今後、様々な利用を目的にした再生可能エネルギーへの関心のが高まりによって水素はより重要な役割を担うことが期待されています。ティッセンクルップは、新しいエネルギー源との融合が可能な高性能の電解水素製造技術をご提供いたします。

  • 大規模水電解による水素製造パンフレット

    大規模電解による水素製造