Skip Navigation
浄水電解

電解による浄水

電解による浄水においては、高濃度硫酸塩を含む酸性水を浄化する独自の技術が応用されます。これは閉鎖された露天掘鉱山の復元の過程でしばしば直面する課題です。

浄化プラントでは、硫酸イオンを陰極側から陽極側に流すために陰イオン交換膜を使用しながら、酸性水を電解セルに供給します。これにより処理された水のpHレベルを家庭での使用に適したレベルに引き上げることができます。

電解による浄水を行うと、硫酸塩の分離、pHレベルの上昇、および沈降助剤を添加せずに重金属を沈殿および隔離するなど、いくつかの浄化目標を同時に追求することができます。

濃縮された硫酸塩溶液は、肥料製造のための原料として役に立つものです。それは販売可能製品であり、収益を生み出し、プロセスの経済的実現可能性に寄与するものでもあります。最後に、電気分解プラントをダイナミックに運営することにより、電力供給に貢献することができます。再生可能な発電に伴う発電量の変動という問題に貢献し、地域の経済開発コンセプトに簡単に統合していくことができます。

浄水電解のメリット

  • 酸性水からの硫酸塩の分離
  • pHレベルを7~8に上昇
  • 重金属の隔離
  • 廃棄物の代わりに製品を生成
浄水
電解による浄水の機能原理
トップへ