Skip Navigation
スキッドマウント式プラント

スキッドマウント式次亜塩素酸ソーダ生産

次亜塩素酸ソーダは、ティッセンクルップ・ウーデ・クロリンエンジニアズのスキッドマウント塩素プラントによって製造される市販の化学物質の1つです。

次亜塩素酸ソーダは、その消毒特性から水の浄化、または洗浄の活性成分として使用され、水の消毒および洗浄産業において重要な製品であり、その生成は電解プロセスから生じる塩素と苛性ソーダとの間の直接反応によって行われます。

ティッセンクルップ・ウーデ・クロリンエンジニアズの漂白剤生産用のスキッドマウント式ユニットは、吸収された塩素1日あたり4トンから40トンとお客様の規模に合わせて設計できる高効率ユニットです。このユニットは、事前に組み立てられた機器、配管、計測器、電気配線が完備された状態で出荷され、認証を受けたワークショップで十分な事前テストが実行されます。このユニットはそのコンパクトな設計から、既存のプラントの限られたスペースに設置することも可能です。

  • コンパクト設計、省スペース
  • 高効率性
  • 現場での設置作業の簡易化
  • 新しいプラント用またはプラントの近代化
トップへ