塩素ベース年産15,000 トンのスキッドマウント型プラント

アクゾノーベル社との共同開発で塩素年産15,000トンの標準化されたスキッドマウント型塩素プラントを開発しました。このプラントは塩から次亜塩素酸ソーダの生産、塩から塩酸の生産や限られた塩素と苛性の生産に適しています。

当社のスキッドマウント型プラントの設計は標準化されたモジュール(例えば、塩水精製、陰極液循環付の電解、塩水脱塩素、廃塩素ガス処理など)を組み合わせることで、お客様のご要望に柔軟に対応したプラントレイアウトが可能です。

 技術面およびコスト面での最適化を行い、当社のスキッドマウント塩素プラントは高度なプロセスの簡素化と、その結果としての設置機器の削減、最新の電解槽技術の採用による高エネルギー効率やプラント内での最大限のリサイクルによる環境排出量の削減を実現しました。

全てのスキッドは当社の管理のもと、厳選された工場で製作されており、機器、配管、電気、計装、配線を含めた最大限の出荷前検査が実施されています。現地への輸送は標準的なコンテナで輸送され、遠隔地へも容易に輸送することが出来ます。

  • 塩素年産15,000トンのスキッドマウント式プラン

  • 簡易化されたプロセス、環境に配慮された高効率で低排出量の設備

  • 現地での建設作業が容易で、従来のプラントに比べ操業開始までの期間の短縮

  • プラント提供の責任の一本化

  • スキッドの設置で現行プラントの最新化やボトルネックの解消が可能