Skip Navigation
ポリウレタン工業用ソリューション

ポリウレタン産業のためのソリューション

塩酸市場の過剰供給

塩素は化学品の中でも最も重要なものの一つです。今日先進工業国で生産される塩素の大部分は食塩電解によって獲得されています。世界の塩素生産の大半は、有機化合物の塩素化に使用されています。このような方法では、塩素の一部のみが生成物中に残り、残りは塩化水素および塩酸、つまり水溶液として獲得されます。例えば、適切なアミンのホスゲン化によるイソシアネートの製造において、反応塩素のかなりの量が塩化水素に転換されます。生産量の増大が予想される中、ジレンマが増大しており、HCl過剰に対応するための持続可能なプロセスソリューションが必要とされています。

塩酸の使用目的を見つけることは必ずしも可能なものではありません。例えば、クロロエチレンまたはポリ塩化ビニルの需要の減少は、塩酸を直接オキシ塩素化プロセスへ供給することを促すものではないかもしれません。一般的に、塩酸市場は飽和しており、それを賄えるほど成長していないため、塩酸の市場価格は圧迫を受けています。したがって、それらのいずれかも販売することができないのがしばしばです。環境への意識の高まる中、苛性ソーダの追加的消費を促す廃棄物処理方法は満足のいく解決策ではありません。

この場合、塩素電気分解により塩素を取得する、または各国の厳しい規制のもと塩素を輸送するよりも、塩化水素から電気分解によって塩素を回収し、それを再利用するオプションを選択することができます。つまり塩酸電解は塩素の代替供給源であると考えられるというわけです

ポリウレタン産業におけるHCl電解のメリット:

  • まずサスティナビリティや貴重な資源に対する企業としての姿勢をはっきりとした示すことができます。
  • ビジネスは塩素および塩酸の価格の移行から影響を受けることがなくなります。
  • はるかに高い投資コストで従来の食塩電解プラントを開発する必要がありません。
  • 塩素の需要が高い、または苛性ソーダ(NaOH)が過剰にある地域に理想的なソリューションです。NaOHをさらに促進する食塩電解プラントは飽和市場において喜ばしいものではありません。
  • 塩素輸送のリスクを排除(さらなる選択肢)。
  • 塩酸中和、廃棄処分コストゼロ。
トップへ