Skip Navigation

塩酸再利用

濃縮された水性塩酸は、65〜70℃の温度範囲で電解槽に供給されます。このプロセスでは陽極液および陰極液への塩酸リサイクルが行われます。両電極室は陽極室では23%(重量パーセント)、陰極室では21%(重量パーセント)と異なる濃度の水性酸の供給を受けます。塩素と水素がセルの内部で生成されます。17%(重量パーセント)の濃度の枯渇塩酸が両電極室から出ます。陽極液は並列接続された陽極室を通って流れ、陰極液は同様に陰極室を通って流れます。固体不純物はフィルターでろ過され、熱交換器がプロセスの温度を一定に保ちます。17%(重量パーセント)の酸供給原料の一部が陰極液リサイクルから送られ、吸収ユニット内で28%(重量パーセント)へと塩化水素で再濃縮され、両電解サイクルに再び戻されます。

吸収

吸収ユニットは、断熱プロセスとして作動します。ここでは電解により枯渇された酸が上ってくる水素ガスに逆流し、酸濃度が約28%(重量パーセント)まで上がります。プロセスによって発生した熱は、カラム内の水の気化によって消散されます。塩化水素の分圧が比較的低いため、ガスは塩酸の希薄溶液によってほぼ完全に吸収され、ほぼ純粋な水蒸気が吸収カラムの上部で放出されます。水蒸気は冷却器で凝縮され、カラムに戻されます。塩化水素中に存在する有機不純物は、通常、カラム頂部で蒸気とともに排出されます。多量の不純物が供給ガス中に存在する場合、これらの不純物を、気体清浄または冷却および凝縮のような適切な手段を用いて吸収セクションの上流で部分的に除去することが望ましいと考えられます。濃塩酸溶液は活性炭吸収によって処理することもできます。

製品処理

湿った塩素ガスが冷却、ろ過されると、それは別のプラントに直接供給されるか、乾燥され圧縮されてから塩素再利用サイクルとして直接塩素消費プラントに再供給されるか、タンクに貯蔵するために液化されます。

水素はこのプロセスの貴重な副産物であり、一旦冷却されて苛性ソーダで浄化されると水素化プラントなどの水素消費装置に供給されます。

ティッセンクルップ・ウーデ・クロリンエンジニアズの隔膜電解技術

  • 環境への責任をしっかりと意識し貴重な資源を大切に。
  • 2を生成するので、O 2の必要性はありません。
  • HCl&Cl 2市場価格や苛酷な市場状況の影響を受けずに企業活動。
  • 塩素の輸送のリスクを回避。
  • 塩酸中和、廃棄処分コストゼロ。
  • 幅広く適用可能で柔軟なプラント運営で関連物質生成プロセスのニーズにしっかりと対応することができます。
  • この電解槽の設計はメンテナンスの柔軟性を最適化し、生産量の増大にも貢献することができます。
  • 腐食を招くような条件下でも高い堅牢性と耐久性。
  • ラボとテスト施設でのCovestroとの提携。
  • 実績のある信頼の技術

トップへ