You are using Internet Explorer 11 or earlier, this browser is no longer supported by this website. We suggest to use a modern browser.

ポリウレタン工業用ソリューション

ポリウレタン産業のためのソリューション

塩酸市場の過剰供給

塩素は最も重要な基礎化学品の一つです。今日先進工業国で生産される塩素の大部分は食塩電解によって生産されています。世界の塩素生産の大半は有機化合物の塩素化プロセスに使用されています。このようなプロセスでは、塩素の一部のみが製品中に残り、残りの塩素は塩化水素および塩酸となり回収されます。例えば、アミンのホスゲン化によるイソシアネートの製造において、反応塩素の大部分が塩化水素となります。生産量の増大が予想される中、塩酸過剰に対応するための持続可能なプロセスソリューションが必要とされています。

ポリウレタン産業のためのソリューション

塩酸の用途を見つけることは必ずしも可能なものではありません。例えば、クロロエチレンまたはポリ塩化ビニルの需要の減少は、塩酸を直接オキシ塩素化プロセスへ供給することを促すものではないかもしれません。一般的に、塩酸市場は飽和しており、それを賄えるほど成長していないため、塩酸の市場価格は圧迫を受けています。従って、それらのいずれかへ塩酸を販売することができないのがしばしばです。環境への意識の高まる中、苛性ソーダの追加的消費となる塩酸を廃棄物として中和処理する方法は満足のいく解決策ではありません。

このような状況下、プロセスの原料塩素を食塩電解により生産すること、または、各国の厳しい規制のもと液体塩素として輸送することよりも、副生塩化水素を電気分解し、塩素を回収、それを原料塩素として再利用することが提案されます。塩酸電解は塩素の代替供給源です。

ポリウレタン産業における塩酸電解のメリット:

  • 資源の有効活用による企業の社会的環境責任を示し、持続可能な社会に貢献

  • 塩素および塩酸の価格変動に左右されない生産

  • 非常に高額投資となる従来の食塩電解プラントの建設不要

  • 塩素の需要が高く、苛性ソーダが余剰な地域に適した技術

  • 塩素輸送のリスクを排除

  • 塩酸の中和や廃棄処分コストゼロ

TDIコンプレックス
MDIコンプレックス