Skip Navigation
ODC技術

NaCl-ODC電解技術が実現するソリューション

NaCl-ODC電解技術はCovestro社との協力で開発されティッセンクルップ・ウーデ・クロリンエンジニアズが販売を行なっています。は、ティッセンクルップ・ウーデ・クロリンエンジニアズが開発したたNaCl-ODC電解セル(シングルエレメント技術)にCovestro社の酸素還元カソード(ODC)が採用されています。

お客様のメリット

  • 従来のイオン交換膜法と比較しエネルギー消費を最大25%削減
  • CO 2排出量も削減する環境に優しいソリューション
  • 電解槽と電解液サイクルの完全な互換性により、両技術を1つのプラントに統合可能
  • 電気と水素の供給に柔軟に対応
  • 実績のある確かな技術

NaCl-ODC電解プロセスは、従来のイオン交換膜法プロセスとは陰極液側が異なる一方、陽極液側はその影響を受けません。陰極側には水素の生成を抑制する酸素も導入されます。これによりセル電圧が大幅に低下します。その結果、ODC技術はエネルギー消費を最大25%削減します。つまり、一定のエネルギー消費では処理量を増大することができます。技術の効率分析においては、空気液化プラントでの酸素生産のコスト、水素のマーケティングやアプリケーションの必要がない点を考慮しなければならず、エネルギー削減の割合はわずかながら調整されなければなりません。

その結果ODC技術は環境に優しく、カスタマーの環境への努力をしっかりとサポートしてくれます。エネルギー削減により、お客様はCO 2排出量の大幅に削減することができます。電解セルと電解液サイクルに完全な互換性があることから、新しいNaCl-ODCと従来のイオン交換膜技術を1つのプラントに統合することができます。従来のイオン交換膜技術の一部または全体をODC技術に変換することも可能です。陰極液サイクルおよび酸素システムの変換を考慮しなければなりません。さらに、プラントの電力供給および水素供給がよりフレキシブルになるというメリットもあります。

トップへ