電解液処理

食塩精製

プラントへの投資と運転コストを抑える高効率な塩水処理ユニット

塩水処理ユニットはイオン交換膜法電解プラントの中核となる要素です。ティッセンクルップ・ウーデ・クロリンエンジニアズは試験場でのパイロットテストを通じて食塩精製技術の向上に努めています。

当社のUhde BrineTechTM技術により、効率性の高い塩水処理で電解セル内のイオン交換膜を守り、低コストでのプラント運転を実現します。豊富な実績と塩水処理のノウハウを駆使し、岩塩、井戸水など種類を問わず、利用される塩の組成に基づいた最適な塩水処理システムをカスタマイズし、精製の全工程をサポートします。