Skip Navigation
BM電解技術

BM 2.7塩素アルカリ電解技術

ティッセンクルップ・ウーデ・クロリンエンジニアズの実績のあるBM 2.7電解技術では過去の経験からの知識と最新技術開発が見事に統合されています。ゼロギャップ設計とシングルエレメントの哲学が統合され3つの特長がある異例の技術が生まれました。

  • 異例の省エネルギー化:
    ゼロギャップ設計によるイオン交換膜の使用可能範囲を最大可。エネルギー消費量の異例の低減。このような嬉しい効果は、イオン交換膜へのより電流分布を均一化し、気泡の放出を向上することによりシングルセル内部の気体輸送停滞を減少させます。
  • 耐用年数を通して漏れが100%発生しません。
    Uhdeの比類の無いシーリング&ホースシステムシングルエレメント設計は圧力4.7Bar(g)まで漏れが全くありません。フランジシステムのナットおよびボルトに加えられるトルクの力は、耐用年数を通しての耐漏特性を保証します。
  • イオン交換膜耐用年数の延長:
    イオン交換膜を最適な接触圧力範囲内で作動させると、稼動範囲のゼロギャップが保証され、膜の耐用年数が長くなります。1つのスタック内のすべての要素間に加わる接触圧力(これはフランジシステム上の新しいロールのおかげで摩擦を最小限に抑えています)が弾性のある部分のばね力の決定要因になります。
    そのためこの新しい設計では単セルエレメントの漏れ止めとしてかかる力とは無関係に膜に加えられる接触圧力を調整することができます。

BMシリーズの改良の足跡
BMシリーズの改良の足跡
トップへ