Skip Navigation
BiTAC

BiTAC フィルタープレス式食塩電解槽

当社は1994年以降、200件以上のプロジェクト向けにフィルタープレス型複極式電解槽「BiTAC」を供給してきました。 初代BiTAC ®は、ゼロギャップ環境での損傷の影響を受けやすいイオン交換膜の破損を最低限に抑えるべく開発され、同時に消費電力を最小限に抑え、高電流密度での稼動を可能にしました。 BiTACファミリーの設計コンセプトは、各世代(BiTAC ®、n-BiTAC、nx-BiTAC)の開発を通じて維持されており、それぞれ前世代と比較して性能、信頼性、および保守性の改良が続けられています。また、各世代にわたり互換性があることも特徴の一つです。このため前世代のエレメントから新しいものに交換するだけでプラントを簡単に改良できます。

全世代を通して高い性能を実現するため、陽極表面をより滑らかにするなど電極の最適化を行っています。また気液分離構造の改良や、ゼロギャップ効果の向上を目指した陰極側スプリングの改良により、常に省電力で安定した運転を実現します。 初代BiTACは導入開始から10年間で、40件以上のプロジェクトに採用されました。2005年に市場に導入された第2世代のn-BiTACは、初代よりもさらに大きな成功を収めています。 最新世代であるnx-BiTACは、2013年に市場に導入され、1990年代の第一世代の2,200 kWh / t(6kA / m 2)の消費電力と比較して、2,010 kWh / t-2,025 kWh / t(6kA / m 2)という最高の性能を誇ります。

2013年のnx-BiTAC発表以降、当社は最新のフィルタープレス技術の構造を最適化するための研究開発を進めてまいりました。試験室規模での実験から実機でのテスト、電解槽の機械的な強度と設計の完全性を確認するためのデータ収集や確認作業を経て、2017年に最新世代のnx-BiTAC plusの商業化へと至りました。

nx-BiTAC plusはこれまで使用していた「コイルクッション」から「MWX」と呼ばれるスプリング構造に変更したことで、電解槽の構造が最適化され、運転時におけるさらなる安定性を実現しています。

更に試行錯誤を繰り返しながら精力的に研究開発を進めた結果、tkUCEはスプリング構造の改良に成功いたしました。主な改良点は、1)面圧の均一な分散 2)ばね圧縮率変化時における、面圧の変動の低減 3)陰極液の内部循環中におけるセル電圧の維持の2点です。

MWXは定位置に固定されるため、前世代のコイルクッションと比較し均等な面圧を実現し、更にスプリングの圧縮のレベルに関わらず適切な面圧を維持しています。その為、陰極メッシュとイオン交換膜、そしてイオン交換膜と隣りあったエレメントの陽極面との間の圧力の均一化、最適化を可能にしました。

これにより、ゼロギャップ技術において最も困難な課題であった膜内の機械的損傷を大幅に抑えることが可能となっています。

BiTACシリーズの性能向上の足跡
BiTACシリーズの性能向上の足跡