Skip Navigation
BiTAC

ティッセンクルップ・ウーデ・クロリンエンジニアズのフィルタープレス技術が苛性ソーダ市場に貢献

ティッセンクルップ・ウーデ・クロリンエンジニアズは長年世界中の100以上のプロジェクトに単極式電解槽DCMを提供し、1994年以来、200以上のプロジェクトにフィルタープレス複極式電解槽BiTACを供給してきました。

BiTACファミリーの第1世代であるBiTAC ®は、消費電力を最低限に抑え、最大電流密度での稼動を実現し、ゼロギャップ環境での損傷の影響を受けやすいイオン交換膜の破損を最低限にに抑えるべく開発されました。

BiTACファミリーの設計コンセプトは、各世代(BiTAC ®、n-BiTAC、nx-BiTAC)の開発を通じて維持されており、それぞれ前世代と比較して性能、信頼性、および保守性の改良が続けられています。また、各世代に互換性があることも特徴の一つです。このためユーザーは前世代のエレメントから新しいものに交換するだけでプラントを簡単にアップデートできます。

前世代と比較してより高い性能を実現するために、電極の最適化(たとえば陽極表面をより滑らかにする)、気液分離構造を改善する等を通して、消費電力低下に大きく貢献し、エレメントの電気伝導度を向上べくゼロギャップ効果を目指し陰極側のスプリング構造が改良されています。

耐久性、信頼性の高い単極式電解槽(DCM)は、世界中で高い評価を受けてきたとはいえ、複極式電解槽の第1世代のBiTACは最初の10年間だけでも、アメリカ、テキサスのバイエル社(現Covestro)をはじめ世界中の主要な食塩電解企業の40ものプロジェクトに採用されました。2005年に市場に導入された第2世代のn-BiTACは、第1世代よりもさらに大きな成功を収めました。

弊社の最新世代のnx-BiTACは、2013年に市場に導入され、1990年代の第一世代の2,200 kWh / t(6kA / m 2)と比較して、2,010 kWh / t-2,025 kWh / t(6kA / m 2)という最高の性能をもって3年間で世界中で20件と記録的な販売数を達成しています。

BiTACシリーズの性能向上の足跡
BiTACシリーズの性能向上の足跡
トップへ