Skip Navigation
塩素アルカリ電解

BiTAC & BM 2.7: 実績のある食塩電解技術

ティッセンクルップ・ウーデ・クロリンエンジニアズは世界中の食塩電解分野で50年以上活動を続けてきた企業です。この間弊社は水銀や隔膜法のプラントから最先端で環境に優しいイオン交換膜法のプラントへと移行しました。イオン交換膜法のプラントでは、弊社が納入したプラントで約4,000万mtpaのNaOH(100%)が生産されています。

お客様の要求に沿った新しい工場を建設したり、既存の工場を増設したり、水銀や隔膜プラントをイオン交換膜法のプラントへと転換させることができます。

知識と経験が豊富な300名以上のエンジニアが最高品質の電解プラントをお客様にお届けしています。弊社の製品やサービスはお客様の多様な要求に沿っており、大規模なターンキー・プロジェクトから実行可能性の研究まで幅広く提供されています。

弊社はその歴史を通じて、お客様との緊密な協力関係にその焦点を置いてきました。

当初から、ティッセンクルップ・ウーデ・クロリンエンジニアズは、独自の卓越した技術が生んだ電解槽と、塩素・アルカリ(苛性ソーダ、苛性カリ)生産プロセスで積み重ねてきた豊富な知識がうまく組み合わせることができる企業であり、実際、現在世界中でも完全な食塩電解プラントの建設、設計と電解槽の供給を単独でお客様に提供できる唯一の企業です。

合併を通して、ティッセンクルップ・ウーデ・クロリンエンジニアズは、2種類の食塩電解技術を提供できるようになりました。

  • BM 2.7 シングルエレメント
  • BiTACフィルタープレス

ティッセンクルップ・ウーデ・クロリンエンジニアズはお客様のニーズに応えるべく、この両技術を維持、改善する努力を日々続けています。

トップへ