ベルギーTessenderlo社向け水銀法転換プロジェクト

ティッセンクルップ・ウーデ・クロリンエンジニアズでは、旧式の水銀法電解プラントから最新のイオン交換膜法電解プラントへの転換をサポートしています。

製造時に水銀を使用しないイオン交換膜法電解技術は、電力消費の低減や二酸化炭素の排出量削減が期待できる環境に優しい技術です。

2006年、当社はベルギーのTessenderlo Chemie社(現Vynova)より、水銀法技術による塩素(年産270,000トン)および苛性ソーダ(年産300,000トン)プラントからイオン交換膜法へ転換するプロジェクトを受注しました。転換されたプラントは、現在も順調に稼働を続けています。この成功が高く評価され、2016年に当社とVynova社は、2基目の既存の水銀法電解プラントの転換プロジェクトの契約を締結しました。このプロジェクトで当社は、塩素(年産100,000トン)、水酸化カリウム溶液(年産150,000トン)のプラントの設計、調達、建設、試運転を実施しました。こららの実績は、お客様と築いた信頼関係と絶え間ない技術開発によるものです。

水銀からの移行、Tessenderlo