Skip Navigation
構築

建設および建設管理における優位性

建設プロセス概要

建設プロジェクトマネジメント

建設プロジェクトマネジメントが見積から実行まで全過程を通して建設に関係する全ての活動を実行します。その目的は建設施工計画を定義し、すべての建設管理の社内活動を調整することです。

主な活動は以下の通りです:

  • 建設工事委託
  • 建設エンジニアリング
  • 資材管理
  • プロジェクト完了管理

建設プロジェクトマネジメントは、提案および施工段階におけるすべての建設関連事項を担当します。

建設プロジェクトマネージャーは建設実行段階において現場で全ての建設関連事項に関する責任を担い、スペシャリストを含むサプライヤからの現場の人員の調整など、その活動範囲内で現場をしっかりとサポートします。また現場管理との密接な打合せを通し完成までのコスト計画を立てます。

現場管理

現場管理は現場の規模とその複雑さに依存し、現場マネージャー、現場建設マネージャー、現場エリアマネージャーから構成されます。

現場管理は人事、資材、機器類、安全、環境保護に関して企業としての責任を全うするだけではなく法的、契約上および現地要件に従った技術的および組織的措置を取ります。それゆえ、現場管理はその他のプロセスからの専門人員によりしっかりとサポートを受けます。

その責任範囲は現場組織の管理と現場チーム(下請け業者を含む)の監督からプロジェクトマネジメントおよび社内組織への予算、工程、安全、品質の進行度の報告までと幅広いものです。

現場管理はカスタマーに対して建設工事に関する全てのお問い合わせの窓口ともなります。

現場監督

現場監督の職務は、すべての建設作業が契約で要求されている内容で、技術、品質面において技術仕様書に従って実施されていることを確認することです。

この範囲には以下の活動が含まれますがこれらに限定されるものではありません。

  • 作業計画/建設準備および開始
  • 下請け業者(機器および人員)の能力、技術書類、資材の確認および調整
  • 建設工事の品質が契約内容に従ったものであるかを確認
  • 工程の管理および監視
  • 下請け業者による建設および試運転前の作業の監督

建設プロジェクトにおける見積および入札

建設プロジェクトに際しての見積および入札は建設作業の範囲を決定し、社内コスト見積を作成し、下請け業者への問い合わせを行うことにより社内コストの作成を行います。

主な責任は、建設条件または下請け業者への条件などすべての建設プロセスから要求される見積作業の調整です。

このチームは下請け業者への問い合わせに関与し、建設に際する見積の分析、評価、明確化の責任を担います。これらの業務を元に、建設プロジェクトに際しての見積および入札チームは建設実施計画を作成し、内訳明細書の準備を行います。完全な見積は下請け業者の作業、建設および試運転の現場管理および監督、一時的な現場設備、社内コスト管理のコストを考慮に入れたものです。

建設委託管理

建設委託管理は建設作業のための委託を契約から最終決済にいたるまで管理します。小規模なプロジェクトまたは単純な委託コンセプト(単一委託など)が採用されているプロジェクトでは建設委託管理は現場管理などのその他の大きなプロセスに統合されている場合もあります。

このプロセスの主要業務は現場実行段階で行われます。この段階での現場委託管理の責任:

  • 現場管理チームに委託条件に関する助言
  • 契約条件との適合性を確認
  • 請求書の内容確認
  • 委託契約の改正、注文変更、追加注文およびその他、追加業務の処理と交渉 - 建設委託に下請けに伴う建設リスクの判別と評価
  • 様々なエリアで現場品質調査チームを管理

建設エンジニアリング

建設エンジニアリングの社内での業務範囲は以下の三つに絞られています:

  • 現場での建設性に関して、調査などを行いエンジニアリングチームへの情報提供。
  • プロジェクトマネジメントに工事状況による建設スケジュールの見直しを支援。
  • 一時的な現場の設備、吊り上げ計画、モジュール化など現場での様々な準備。

工事完了管理

合意された契約書に従ってプラントまたはそのユニットが建設され、はじめて「工事完了」の状態となります。

工事完了管理はプロジェクトを計画日程通りに遂行できるようしっかりと管理を行います。エンジニアリングにより決定されたデータに基づき、全ての建設品目(設備、図面、器具)は試運転前に必要に応じてデータベースのサブシステムおよび建設ユニットに分類されます。プロジェクト計画日程の追加情報も同様にデータベースに入力されます。これらのデータは完成現場検査の予定で補足されます。規定値はプロジェクト開始段階で完成マニュアルに定義されることもあります。工事完了はプラントユニット毎またはプラント全体として決定することができ、完了証明は残りの作業が試運転に差し障りがない状態に到達した場合に発行されます。

建設資材管理

建設の資材管理における職務は資材および機器が適時に適所に利用できる状況であることを確認することです。

主に資材や機器の受取り、登録、倉庫への保管、現場への支給などが主な活動範囲です。日常の業務として納品時に破損が無いかを点検すること、不足や不適合を指摘すること、修正措置を行うことも挙げられます。さらに、建設資材管理は利用することのできる資材や機器をしっかりと把握し作業や組み立ての計画を行う現場チームをサポートします。このために定期的な棚卸しが行われます。

建設品質保証および管理

建設品質保証および管理の(社内および現場での)仕事は品質管理システムおよび個々のQA/QCプロセスに定義されている品質レベルをプラント建設全段階を通して維持することです。

QA/QCプロセスはプロジェクトの非常に早い段階でQA/QCという側面から入札/契約を評価することから開始されます。必要とされるQA/QCスタンダード、指示、仕様はプロジェクト独自のニーズにぴったりと適合できるように分析され更新されます。建設実行中、必要となる検査および試験計画はQA/QC文書に従わなければなりません。現場のQA/QCチームはQA/QCのタスク、検査、現場試験の点検が行われる際に現場監督をサポートします。

現場総務

現場総務は現場スタッフの雇用および管理、現場での小口現金の責任、現地の銀行口座、支払およびその会計、そして現場の勤務時間表などの編集を行います。さらに現場総務運営者は現場マネージャーの営業報告書の作成の際にサポートします。現場総務はまた、法的要件(保険や地域の労働法など)の遵守や、地方自治体とのやり取り(ビザ、医療問題、関税手続きの取り扱い)を行います。現場総務のもう一つの職務として現場スタッフの宿泊先および現地での交通手段の調整また、現場事務所の備品、家具、電話などいわゆる「非建設資材」の現地調達が挙げられます。

建設労働衛生安全環境マネージメント(HSE)

HSEに関連するすべての法律、ガイドライン、指示書および手順が確実に遵守されることは大変重要なテーマです。

顧客の労働安全要件と足並みをそろえ、すべての現場安全規則を導入し、実施します。

職務には以下のものが含まれます:

  • スタッフおよび下請け業者のスタッフに安全研修を提供
  • HSE Eラーニングモジュール実施の調整
  • 建設現場における安全指導の実行状況を監視
  • すべてのプロジェクト独自のHSE要件の確認と文書化
  • リスクの初期評価の実施と更新
  • 現場の労働安全衛生の調整
  • HSEの検証と監査が確実に行われることを確認
  • 現場での事故の調査および記録
  • 現場管理者をサポートし、現場でHSEを実行
トップへ