Skip Navigation
企業

研究開発

最先端の電解技術開発

ウーデ・エレクトロリシスおよびクロリンエンジニアズの経営統合により、それぞれが培ってきたノウハウと経験に相乗効果が生まれ、電気化学分野における技術革新への可能性が広がりました。

技術力を強みとする企業として、当社はパートナーや顧客との共同研究や、独自の新技術開発を行いながら、最先端の技術力維持と発展に日々全力を尽くしています。また、各拠点の研究者、化学者、技術者たちと連携しながら電気化学技術力向上に日々取り組んでおり、これらの技術を新プラントの建設、既存プラントの改良、技術サービスへと展開しています。

さらにグループ全体として環境保全や社会貢献に配慮した取り組みを行っています。 環境適合性、エネルギー効率、安全性なども考慮した環境・社会に優しい最適な解決法を顧客に提供し、資源の効率的利用、プラントの経済性・生産性の向上を可能にします。

R&Dパワー
産業規模の食塩電解テスト施設(CABB、ゲルストホーフェン、ドイツ)
  • 大学、研究機関、パートナー、顧客との提携による産業電気化学分野の基礎研究と分析評価
  • 電気化学、電気化学リアクター設計、膜透過現象、油圧、機械および電気工学、材料および構築技術における設計、計算およびシミュレーション
  • ラボセルユニットからフルスケールの試作機やパイロットプラントまで、試験施設の設計、設置、運用、技術向上や新技術のスケールアップと検証
  • 顧客との密接な協力関係をもとにプラントの運転および設計の研究
  • プラントのユニットとサービス(電解水浄化など)を供給しながら、既存の施設のアップグレード/改良を行いイオン交換膜法電解槽を継続的改善
  • ガス拡散電極式食塩電解または塩酸電解といったエネルギー効率の高い最先端技術
  • 水電解やレドックスフローバッテリー、電気化学的浄水といった新しい電池技術などの未来のための革新的なソリューションの研究・開発
トップへ