企業

研究開発

最先端の電解技術開発

ティッセンクルップ・ウーデ・クロリンエンジニアズは常に最高峰の技術を提供するため、お客様やパートナーとの連携による研究開発や新しい技術の活用を促進し、サービスの拡充に取り組んでいます。

 また、エネルギーや原料の効率的な利用、運転効率の向上、大規模生産への対応、稼働率の向上等への取り組みを通じ、地球環境や資源の保全及び社会的責任に対するお客様の価値向上に貢献します。

 当社は試験設備を備えた研究開発拠点を世界中に保有しています。各拠点の高度な専門性を持つ研究者や化学・機械エンジニアが、電解プラントエンジニアリングの発展を世界的にリードしています。彼らは常に新たな基準や先進技術を研究開発に取り入れています。

研究開発の取り組みを通じて、新規プラント建設、既存設備の改良、応用分野における当社技術サービスの適用の可能性を広げています。

研究開発

電解プラントの試験施設(ゲルストホーフェン、ドイツ)

  • お客様やパートナーとの提携による産業電気化学分野の基礎研究と分析評価

  • 電気化学、電気化学リアクター設計、膜透過現象、流体工学、機械および電気工学、材料および構築技術における設計、計算およびシミュレーション

  • スケールアップ、技術改良、新技術の検証に使用する研究用の小規模設備、実物大の試作機、パイロットプラント等の試験設備の設計、建設、運転

  • お客様との密接な協力関係に基づくプラントの運転および設計の研究

  • 世界的に大きなシェアを持つイオン交換膜式食塩電解槽およびその周辺設備の継続的な高性能化、高効率化のための技術およびサービスの開発 

  • ガス拡散電極式食塩電解、塩酸電解等エネルギー効率の高い最先端技術の開発

  • 再生可能エネルギーを用いた水電解によるグリーン水素製造等、新たな未来に向けた革新的なソリューションの研究・開発