Skip Navigation
企業

ティッセンクルップ・ウーデ・クロリンエンジニアズ

ティッセンクルップ・ウーデ・クロリンエンジニアズはティッセンクルップ・インダストリアル・ソリューションズとインダストリエ・デノラのジョイントベンチャーとして誕生しました。以前はそれぞれ独立した企業として活躍していたティッセンクルップ・エレクトロリシス、ウーデノラ、クロリンエンジニアズが統合され、2015年4月に設立されました。筆頭株主はティッセンクルップ・インダストリアル・ソリューションズでありティッセンクルップ・ウーデ・クロリンエンジニアズは電解プラント業界において市場をリードする技術と包括的なサービスを提供します。

ドイツ、ドルトムントにその本拠地を置きその他、岡山、東京、上海、ミラノ、ヒューストン拠点に活動を展開しています。

  • 塩素年産3,900万トンの実績

    イオン交換膜法食塩電解プラントの契約締結総計

  • 塩素年産200万トンの実績

    HCI電解プラントの契約締結総計

JV パートナー/前組織の沿革

クロリンエンジニアズはティッセンクルップ・ウーデ・クロリンエンジニアズ GmbHの子会社としてティッセンクルップ・ウーデ・クロリンエンジニアズ株式会社となりました。

この組織の基盤となったのは1973年10月19日に創設されたクロリンエンジニアズ(CEC)です。創設以来CECは日本市場および海外市場において食塩電解プラントのサプライヤとして大きな実績を残してきました。電解プロセス開発の長い経験により蓄積された電解技術を活用し、CECは社会のニーズに答えると同時に環境に優しい設備の開発、設計、生産を追及してきました。

クロリンエンジニアズ(上海)はティッセンクルップ・ウーデ・クロリンエンジニアズ株式会社(上海)へと、クロリン・エレクトロライザー(アメリカ)はティッセンクルップ・ウーデ・クロリン・エレクトロリシス(アメリカ)へと生まれ変わりました。両社ともティッセンクルップ・ウーデ・クロリンエンジニアズ株式会社(日本)の子会社として活動を続行しています。

ティッセンクルップ・エレクトロリシスGmbHはティッセンクルップ・ウーデ・クロリンエンジニアズGmbHになりました。

ティッセンクルップ・エレクトロリシス GmbHはティッセンクルップ・ウーデの電解部門から独立した企業であり、現在はティッセンクルップ インダストリアル・ソリューションズの一部となっています。ジョイントベンチャーにより、ティッセンクルップ・エレクトロリシスGmbHはティッセンクルップ・ウーデ・クロリンエンジニアズGmbHとなりました。

ウーデノラS.p.Aはティッセンクルップ・ウーデ・クロリンエンジニアズ(イタリア)S.r.l.となりました。

ティッセンクルップ・ウーデ・クロリンエンジニアズGmbHの子会社となったウーデノラS.p.Aはドイツのティッセンクルップ・エレクトロリシスGmbHとイタリアのインダストリエ・デノラのジョイントベンチャーとして設立されました。化学、その他の産業プラントの設計と構築にその活動の焦点を置き、その中でも食塩電解、スキッドマウント式電解プラント、塩酸電解、漂白用化学品生産装置がその主要分野です。

デノラの沿革については、こちらをご覧ください: http://www.denora.com/company/history.html

トップへ